音楽の道へは武蔵野音楽大学がサポート|上手くなるための技術を学ぶ

上手く歌うコツ

楽器を弾く人

「歌を上手に歌いたい」という人は多くいます。歌い方は人それぞれにありますが、喉が疲れてしまい歌えなくなる人もいます。このような人は「ボイストレーニング」をし、発声の基礎を学ぶ必要があります。歌い方が分からない人は、喉を使い歌っていることがほとんどです。歌っていくうちに喉が痛くなったり声がでなくなったりした場合は喉を使っている可能性が高いです。喉を使うと喉に負担がかかってしまい、長く歌えなくなってしまいます。歌を上手に歌いたいと思っても喉を使った歌い方をしていると、いつまでも上手く歌うことはできないのです。そこで「ボイストレーニング」を行うスクールがあります。ボイストレーニングとは、喉を使い歌うことなく歌う方法を身に付けるトレーニングのことを言います。喉を使わず歌わないプロの人が発声の基礎を教えている施設で歌い方の技術を学ぶことができます。ボイストレーニングをするかしないかで、声の質や伸びまで変わっていきます。上手く歌いという人にとって、ボイストレーニングは最適なトレーニング法なのです。

ボイストレーニングでは、日常生活では使うことのない筋肉を使うトレーニングを行ないます。喉には様々な筋肉がありますが、その筋肉は普段使うことがありません。その筋肉を鍛えることで、喉に負担をかけることなく上手く歌うことができるようになるのです。しかし、自分でその筋肉を鍛えるのは難しいです。自分で使っていない筋肉を理解した上で行なわなければしっかり鍛えることができないためです。基礎から学ぶ必要があるため、ボイストレーニングを学べるスクールがあるのです。また、大学で学ぶという選択もあり、武蔵野音楽大学が特に注目されています。武蔵野音楽大学なら、丁寧なサポートであり、音楽の道に進む人にとって心強い存在であるといえます。

専門学校へ通う

マイク

声優はアニメキャラクターだけではなく番組ナレーターとして出演することもあります。声優を目指すときには専門学校へ行く必要がありますが、学校一覧を見ると数多くの中から探すことができます。

呼吸法から学ぶ

レディ

ボイストレーニングでは、腹式呼吸のトレーニングから行なっていきます。腹式呼吸は一般的に行わない呼吸法ですが、歌う際に行うことでこれまでとは全く異なる発声に気付きます。

唇と顔の筋肉を鍛える

ウーマン

ボイストレーニングで最も重要な箇所、唇や顔の筋肉をトレーニングすることで、歌い方や発声の仕方が変わっていきます。唇と顔の筋肉は発声方法に大きく影響する箇所と言われています。